長沢とマンチカール

看護師として働いて、もう数年になります。それで、気がついたことと言えば、看護師は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。タバコが有害という認識が広まったこともあって、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。看護師の仕事を選択する、外せない理由の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。新卒の給料を見ても同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、多くもらえていることがわかると思います。しかし、給料を多くもらうということは、それだけよく勉強して少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、多くの病院では、申し送りを行っています。その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を勤務終わりの人が勤務始めの人に報告説明する決まりです申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も当たり前のように期待されます。看護師の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という点ではなんなく看護師が上回りました。慢性的に人手が不足している医療分野ではいつでも人手を求めている、という事情により、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの点も、人気職である所以かもしれません。ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、それほどまでに難しい、というものでもないのです。看護師の養成を目的とした、専門の教育機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。その時給ですが日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が普通のようです。パートとしてはなかなかの数字なのでしょうが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、どうしても安く感じてしまいます。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。そして、気になる退職金は、公的医療機関であれば、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。ところが、個人病院の方では、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、結局は院長先生の考え次第となるようです。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。どういった場合に、看護師がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。また、特に患者さんのご家族から涙ながらにお礼を言われるような時も、しみじみとやりがいを感じられます。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、看護師を辞めることを考えるだろうと思います。看護師は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。そういう看護師の仕事を続けていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、他人の状態がどうか、ということのみならず、そのうち、自身の身体や健康のことなどもかなり深く理解できるようになるでしょう。業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。昼夜にわたる、大変な仕事によってどんどん疲れていって、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、ようやく「少し無理をしているのかも」などと実感してしまうことはあります。なんといっても、看護師という職業は他職種と比較して高いお給料をもらえます。それと関係があるのか、ファッションに敏感な人が多いと思います。そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だというようなことがあるようです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最もいいと思います。看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、他の病院から転職してきた看護師の場合、残業したことによって支払われるべき給金が未払いになることがあります。ただ働きで残業をさせるのは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、こなした分はしっかり、給金という形で手に入るのが当然なのです。パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、多くの場所で、看護師資格を持つ人材は求められています。例を挙げると、介護施設、保育園、大きな企業内などです。こういった所で看護師として働く人は増えていて、競争率の高いところもあるようです。看護師はこんな風に仕事をすることが可能であり、ライフステージに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。看護師を志したのは中学の時の職場体験で、私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務している看護師さんを見て、衝撃を受けたからです。大人になったら、あんな仕事をしたいと感じたのが始まりで高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。確かにつらいこともあります。しかし、おおむね満足した日々を過ごしています。そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丁寧に探してみれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなどもたくさんありますから、活用しつつ、最適の仕事先を見つけてください。妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事としてする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、うっかりミスなどが無いようにしましょう。それからまた、薬の取り扱いについても病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、注意するべきでしょう。立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。止まらない少子高齢化の影響。医療の仕事を行う人々というのはもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。したがって、現時点で看護師不足の状態なのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一因だといえます。病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、人気の医師のところなどでは、多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。普通やることもたくさんあるのですが実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、仕方なく残業することも日常茶飯事です。とはいえ、いかに多忙で、疲労困憊でも、患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもすぐに笑顔になれるので、考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重くなかなかリラックスできる暇などなく、そうしたことにより強いストレスを経験することになります。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、精神的なきつさも感じることになります。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を知っているかどうかということは、この仕事を続けていくのであればかなり重視するべき点ではないでしょうか。病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、様々な他職業と比べても、けっこう良い給料をもらうことができます。責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、夜勤や残業が多く、それに対する手当を間違いなくもらえる、というのも大きいです。誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、進んで残業をたくさんする等々、そんな看護師なら確実に給料は、そうでない人たちより高めになります。看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、看護師の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。職場がそんな人間関係ばかりだといい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは納得しておくと良いかもしれません。治療の補助や患者の各種ケアなど、看護師の業務は多岐に渡り、仕事上での必要性や重要度は大変高く、意義の感じられる仕事です。入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。そのため、業務は日勤と夜勤という形に交代制を採っています。こうした交代制の勤務では、上手に生活のメリハリをつけないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、そのため求人の数はとても多いのです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、つらいこと、大変なこともあります。そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできるとされる病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。ですが、どういった病院か、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、業務のハードさについては差があります。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日祝日の休みをとることもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、基本的に土日は休みになります。何か不測の事態による緊急の出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、診療科にもよりますが、たいてい土日は休めるようになっているでしょう。いつ働くか休むかをコントロールしやすく、やりたい仕事を選べたりもする、等々があえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。仕事は、単発のものや短期のもの、長期で働ける方歓迎、というものもあって都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、もしも看護師の仕事を探している最中ならできれば、派遣で働くということも考えて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、小さな子供がいる人でもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、面接という流れになるのがふつうです。これまでの経験や職務について、志望動機など聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も見られています。看護師としての能力に加えて、人としての良い部分も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。ただ、それ程スムーズに、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。こうしたケースは、実際にとても多いようです。家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、出戻ってくる人もよく見られます。